結婚式の二次会で注意すべき点

親しい知人・友人の結婚式の二次会というのは、仕事で多忙な人でも参加できる貴重なパーティーでもあり楽しい催しです。
ただし、楽しむのは結構ですが何をやっても許されるというものではなく、そこには一定のマナーや注意すべき点があります。


 

男女ともにセミフォーマルが基本

二次会に参加するときの服装ですが、男女ともにセミフォーマルが基本です。
一流ホテルなどが会場になっていて、あらかじめドレスコードが設けられている場合はそれに従いましょう。

男性は職場で着用しているスーツを基準に考えるのが、一番無難です。
昔から仲の良い友達が新郎新婦だからと、極端に崩したコーディネートで出席するのは控えましょう。

ジャケットやネクタイのデザインでお洒落するのは構わないのですが、過度に目立つものは避けるように気をつけたいところです。
特に良くないのはアニマル柄や毛皮をあしらった服装で、目立ちすぎて雰囲気を壊しやすく、毛皮は飲食物に付着する恐れもあるのでふさわしくありません。

 

女性も過度に着飾らない

女性も過度に着飾らないことが基本で、よく言われるように新婦より目立つのはNGです。
可愛らしさや華やかさをねらってお洒落をして行くのは問題ないのですが、程度をわきまえることが重要です。

スパンコールがキラキラ光って目立ち過ぎる、あるいは肌の露出が極端に多いなど奇抜なデザインは避けるのが基本です。
脚を大胆に露出するミニ丈のスカートもNGで、短めの丈のドレスの場合もストッキングは必ず履いて行くのがマナーです。

髪型はハーフアップやオールアップにまとめるのが好ましく、髪飾りも品良く目立たないものが良いです。
アクセサリー類もキラキラし過ぎたりジャラジャラ音が耳障りなものを避け、あくまで品良く大人しいデザインを選びましょう。

 

二次会の会費について

披露宴のご祝儀とは違って、二次会の会費は財布から直接、受付係などに渡して大丈夫です。
披露宴のほうに参加できなかったからと言って、このときに結婚祝いなどを渡そうとする人も居ますがこれは止めましょう。

余計な荷物を増やしてしまうと新郎新婦側に負担となり、迷惑をかけてしまいます。
それに、パーティーが盛り上がったときにバタバタしてせっかくの贈り物も紛失してしまう可能性もあります。

お祝いやプレゼントは後日、あらためて渡すのが双方にとってベストです。
持ち物に関していえば、当日は大きなバッグなどは避けて常に携帯できるコンパクトなサイズの鞄にしましょう。

入退場の際に受け渡しが発生すると混雑を増やすことになるし、預かり所が無い場合などは会場内に保管することになるので、いずれにせよ大きな荷物は良くありません。

 

羽目を外し過ぎるのは良くない

宴がはじまってからのマナーですが、いくら気心の知れた仲間の結婚でも羽目を外し過ぎるのは良くないです。
特にお酒を飲み過ぎて泥酔するなどというのは周囲に多大な迷惑をかけるので、厳に慎むべきです。

よくやってしまう失敗として、特定の仲間内でしかわからない内輪ウケの乗りで騒ぎ過ぎてしまうことがあります。
たとえば、学生時代に新郎新婦とやりとりしていた話題や思い出話ばかりで長々と盛り上がってしまう場合などがそれです。

会を楽しくしようという気持ちは良いのですが、二次会には学生時代からの旧友ばかりではなく職場の同僚や親戚なども同席しています。

全体の調和を考えて、皆が楽しめる雰囲気を大事にしましょう。
また、隠し芸や手品などを披露して盛り上げる場合も、あくまで主役は新郎新婦なので彼らに注目が向くような趣向で行いましょう。

 

まとめ

結婚式の二次会は新郎新婦を和やかにお祝いするのと同時に、さまざまな人との新たな出会いの場でもあります。
会場全体のおめでたい雰囲気を壊さないよう、マナーをわきまえて楽しみたいものです。