フィギュアスケートを習わせるにはどれぐらいお金がかかる?

冬季オリンピックにおいてフィギュアスケートが注目を集めるようになり、子供自身が習いたい、親が子供に習わせたいと考える家庭が増えてきました。
とはいえ一般的にフィギュアスケートを習うためにはかなりの費用がかかるともいわれていて、経済的に続けられるのかどうか気になる人も多いものです。
本格的に習い事を始める前に、フィギュアスケートを習わせるにはどれぐらいお金がかかるをチェックする必要があります。


 

スケート教室

まず最初にフィギュアスケートを始めるための最初の第一段階となるものが、スケート教室と言えるでしょう。
スケート教室の場合には、実際にそこまで高額な費用が発生するわけではありません。

スケート教室の月謝の相場としては、5000円から1万5000円ほどのところが多く、平均的には6000円から8000円ほどの教室が多く見られます。
その中でも地域主催のキッズスケート教室などの場合には、月謝が3000円ほどで受講できるものもあることです。

初心者向けのスケート教室となると、グループでレッスンを受けるのが基本となるため、それほど高額なレッスン料がかかることはありません。
またこのレッスン料にはスケート靴の代金も含まれているところが多く、どちらかというとそれほどお金のかからない習い事の一つと言えるでしょう。

 

スケート教室ではジャンプやスピンは学べない

しかしスケート教室の場合には、基本的な滑り方を学ぶことがほとんどとなり、ジャンプやスピンなどを学ぶことはあまりありません。
そのためジャンプやスピンなどを習いたいと考えている人には、やや物足りなさを感じる人も多く見られます。

スケート教室を続けているだけであれば、普通の習い事を続けることと何ら変わりはありません。
しかしせっかくスケートを子供に習わせるのであれば、その才能や素質を見極めて、いずれは選手にさせてあげたいと思う人も多いことでしょう。

しかし本格的にフィギュアスケートの選手を目指すとなると、ここからは莫大な費用がかかることになります。

 

スケートクラブに所属する

選手を目指してスケートの技術を上達させるためには、初心者向けのスケート教室はやめて、そこからスケートクラブに所属する必要があります。
スケートクラブの場合には、クラブによっても異なるものの、レッスン内容は専門的なものとなり、月謝も倍以上に跳ね上がることになるでしょう。

具体的な費用の目安は、クラブに所属するための入会金が約5万円、スケート靴の購入費が2万円から3万円、月々の月謝は1万5000円から3万円、そのほかにも夏や冬には合宿があるクラブも多く見られます。

本格的な練習になるので、そのほかにも練習着が必要になることもあるでしょう。

スケートクラブに所属するためには、コーチやインストラクターに推薦してもらう必要がありますが、その場合には通っているスケート教室のコーチにあたる人が多く見られます。

 

本格的なジャンプやスピンに耐えられるようなスケート靴は一足10万円以上

またフィギュアスケートを行う上で必ず必要となるものがスケート靴ですが、スケート靴は安いものでも2万円以上する高価なものです。

しかし消耗品にあたり、1年で2足は購入が必須となります。
足のサイズに合わせなければならないので、子供が成長するとともに買い替えも必要となるでしょう。

本格的なジャンプやスピンに耐えられるようなスケート靴は一足10万円以上になるので、上達すればするほどお金がかかることになります。
さらに上達が見込めるようになると、競技会やジュニア大会などに出ることになるかもしれません。

クラブに所属すると級をとるためのバッジテストを受験する必要があり、この受験料には約2万円ほどがかかります。

 

まとめ

競技会や大会を目指すためにもお金がかかり、レッスンや道具代で月15万から20万円がかかるのが平均的です。
最低でも年間100万円はかかることを覚えておきましょう。