ウッドデッキのメンテナンス方法

ウッドデッキには天然木を使ったものと、人工の素材を使ったものとがあり、メンテナンスの方法は少し違ってきます。


 

天然木と人工の素材のメンテナンスの違い

比較的手入れが簡単な人工木のものは、天然木のように腐ることがないため、日常的には水洗いが基本になります。
デッキブラシを使用し、表面の汚れを落とすようにします。
気になる汚れがある場合には、台所で使用している中性洗剤を用いて綺麗にします。

カビがある場合には、カビ取りの洗剤を用いますが、ウッドデッキの材質に合うものを選ぶことが必要です。
天然木の場合には、まずホウキで表面の砂等を落とします。

デッキに砂がついたままにしておくと、木材が乾燥しやすくなったり、木材を腐らせる菌がつきやすくなりますので、デッキのために良くない環境になります。
したがってまめにホウキで表面の砂を落とすことを心がけます。

ホウキで表面の砂を落としたら、デッキを湿らせ、木目にそってデッキブラシでこする作業をします。
この時、強い力でこすりすぎないようにすることがポイントとなります。
デッキに傷をつけることになりますので、大切に洗うような気持ちで手入れをします。

 

日常的に行うメンテナンスをまめにしておく

最後に水で流し、日の光をよく当てて乾かすと、さっぱりと綺麗になります。
日常的に行うメンテナンスをまめにしておくと、ウッドデッキのもちが違ってきます。

飲み物や食べ物を落としたまま放置しておくと、汚れがとれにくくなりますので、その都度掃除をする習慣をつけることが大切です。

さらに天然木の場合には、1、2年に一度は塗装をし直すことが必要になります。
前述のように日頃の手入れをした後に、やすりをかけて表面の凹凸や塗装を取り除く作業から始めます。

やすりは木目にそってかけるようにすることがポイントです。
やすりをかけた際に出るホコリやゴミは綺麗にホウキで掃いてから、ウッドデッキの塗料を刷毛で塗っていきます。

塗料は色々なものがありますので、自分の家のデッキに合ったものを選ぶことが必要です。

 

天然木が呼吸できるような塗料を選ぶ

天然木に向いたもので、最初に使われていたようなものを選ぶと安心できます。
天然木が呼吸できるような塗料を選ぶと、デッキのために良い環境になります。
塗装は1回よりも、2回行うと良いとされていますので、少し間を空けて2回行うようにします。

その間にはデッキの上を歩いたり入ったりしないように気をつけます。
デッキは時々は裏側もチェックするようにします。
普段目に見えないため、放置しておくことが多い部分ですが、ほこりや落ち葉等が溜まっていることがありますので、定期的に綺麗にすることが必要です。

裏側から腐ってくることもありますので、気をつけます。
さらにはデッキの上にプランターや植木鉢を置いていることが多くありますが、底の部分に汚れが溜まります。

この辺りの湿気や汚れからウッドデッキを腐らせることになりますので、植木鉢を持ち上げて掃除をする習慣をつけることも必要です。

 

排水口なども定期的にチェック

排水口なども定期的にチェックをするようにします。
デッキから落ちてきた汚れやゴミが排水口に溜まって、流れにくくなることがありますので、気をつけます。

放置しておくと、排水口が詰まったりして、業者を呼ばなくてはならなくなりますので、日頃のメンテナンスが必要です。

ウッドデッキは一軒家の庭にスペースがある場合には、魅力があります。
新築の頃には憧れて作る人達が多くいますが、天然木の場合には塗装を何度もする必要があります。

また日頃から掃除をする習慣をつけ、木材が腐るようなことがないように、気をつけることが大切です。

 

まとめ

こういったメンテナンスがあることを覚えておくと、設置した後にも大切に使用できるようになります。
塗料などは色々なものがありますので、専門店で相談をしてから購入するとうまくいきます。