海外旅行で人気がある観光地のカジノ

スロットやカードゲームなどが楽しめるカジノは現在のところは日本国内ですることはまだできませんが、今後は解禁される可能性が高くなっているため注目をしている人も多いことでしょう。

とはいえ旅行で訪れた際に気軽に訪れるのにも適した、複合レジャー施設は海外の各地にあります。
ここではそのような観光スポットの施設についてご紹介しましょう。


 

日本から近い距離にあるマカオ

日本からも近い距離にある有名なカジノと言えば、マカオがまず思い浮かぶという人は少なくありません。
マカオは中国の特別行政区の1つで、ポルトガルの海外領土になっていた歴史もあります。

歴史的建造物として有名な聖ポール天主堂跡やマカオタワーなども観光スポットとして有名ですが、ゲームを楽しめる施設のあるホテルも幾つもあり、東洋のラスベガスともいわれています。
豪華なIRが多くあり、今ではラスベガス以上の世界最大の売り上げを誇るところとなりました。

世界的に有名な世界遺産を訪れることと合わせて楽しむと、旅行プランにメリハリがついて良いかも知れません。

 

マカオで有名なカジノホテル

具体的には、ザ・ベネチアン・マカオやウィン・マカオ、ホテル・リスボアといったところが有名です。
マカオを訪れた際には利用してみてはいかがでしょうか。

日本人にとって身近な場所にあるのが韓国ですが、その首都であるソウルにあるホテルにもカジノが併設されていることが多くあります。
日本から気軽に旅行に出かけることが出来るパックツアーには、そのようなホテルの宿泊費が含まれている場合も少なくありません。

飛行機を利用すれば2時間半で訪れることが出来る距離にある韓国でなら、初めての人でも気軽に楽しめる可能性があります。

日本語が通じる場合も多い点も日本人にとって嬉しいポイントです。

 

バカラやルーレット、スロットなどが人気

バカラやルーレット、スロットなどが人気を集めています。
具体的にはセブンラックの江南COEX店や、セブンラックのミレニアムソウルヒルトン店などがあり、中心部にあり観光にも便利な立地です。

2010年から解禁され統合型リゾートが建設されたシンガポールも、日本から比較的訪れやすい立地です。

世界でも最大級の規模があるカジノが併設された豪華なホテルがあり、観光に訪れたときには非日常の世界を体験することができるという魅力があります。
絶景が見られることで知られた屋上のプールが人気を集めていて、写真映えするスポットとしての知られています。

このような近代建築の観光名所を訪れるのと合わせて、ゲームも楽しむことができるのでおすすめです。
初心者でも遊びやすいスロットマシンがあるほか、明るい雰囲気があるので何となく安心感があるでしょう。

具体的にはマリーナベイ・サンズやリゾート・ワールド・セントーサなどがあり、マリーナベイ・サンズはラスベガス・サンズが開発したホテルとして知られています。

 

カジノといえばラスベガス

もちろんカジノと言えば、やはりラスベガスという人も多いものです。
砂漠の中に突如現れるこのネオンが輝く街には、数々の豪華なホテルがあり無料で楽しめるショーも多くあるのが魅力です。

初心者から上級者まで楽しめるのがこの土地の施設の魅力で、スロットマシンからテーブルゲームまで色々と楽しむことができます。

具体的にはゴールデンナゲットホテルにあるところやダウンタウン・グランドホテルに併設されているところ、サーカス・サーカス・ホテルなどがあります。
火山噴火ショーで有名なのはミラージュで、サーカスショーが見られるのはサーカス・サーカスです。

ベラッジオラスベガスの噴水ショーも合わせてみるのにおすすめな場所です。
またオーストラリアの主要な都市にもIRがあり、海外旅行の時にはゲームを楽しむことができます。

 

オーストラリアのカジノ施設

オーストラリアの南東部にある都市であるシドニーやメルボルンのほか、オーストラリア大陸の北東岸に位置するケアンズや西にあるパースなどのホテルでも可能です。

中でも日本人が多く人気を集めているのはクイーンズランド州の南東部にあるゴールドコーストのホテルで、テーブルゲームやスロットマシンなどがあり、宿泊客は勿論そうでない場合でも24時間楽しめるようになっています。

具体的にはザ・スターゴールドコーストというホテルにあり、ここはかつてはジュピターズホテル&カジノというところでしたが買収されて現在のようになりました。
ホテルの地下1階に位置しているのが特徴で、清潔感のある雰囲気でゲームを楽しむことが出来るのが良いところでもあります。

もちろん付近にはゴールドコーストの美しい海もあり、観光にも適した立地です。

 

まとめ

海外旅行で訪れたときに楽しめる観光スポットの統合型リゾートについてご紹介しました。
まだ現在のところは日本では賭け事をすることができませんが、統合型リゾート整備推進法案が成立したことから今後は解禁の可能性が高いです。
それまでは海外旅行に出かけたときには、このような複合レジャー施設を訪れてゲームを楽しんでみてはいかがでしょうか。
 

ボーナスの仕組みって!?ベラジョンカジノで遊ぼう!

ベラジョンカジノは軍資金がない場合でも遊べる、携帯端末にも対応しているのでいつでも遊べるなどの魅力があります。


 

軍資金なしで遊べるボーナス制度

軍資金がないのになぜ遊べるのか不思議ですが、オンラインカジノには数多くのボーナスが用意してあり、これを使えば軍資金なしで遊べるわけです。
ただ、ボーナスというと複雑な制約があり意味がわからない、このように感じている人も多いようですが、ベラジョンカジノは仕組みが実に単純明快なので初めての人にもおすすめできるわけです。

サイトでいろいろと読むのが面倒、このように感じる人も多いかと思われますが、ベラジョンカジノはBonusとCashが分けて保存してあるのが特徴です。
キャッシュは自分が入金したもので、混在していないので管理がしやすいのです。

 

ゲームで買ったときに勝利金はどうなるのか?

ここで一つの疑問が生じるかと思いますが、ゲームで買ったときに勝利金はどのようになるのかといった部分です。
勝利金はCashとは分かれて保存されるので、これについても単純明快です。
ボーナスはいつでも使えるわけでなく、キャッシュがゼロになったとき初めて使えるようになります。

これは軍資金がゼロになったといった意味でもあり軍資金がないときでも遊べる仕組みはここにあるのです。

 

出金条件について

ベラジョンカジノに登録すると最初にウェルカムマネーのようなものあったり、入金すると金額に応じたボーナスが貰えたり、やればやるほどはまってしまう人も多いようです。

受け取ったボーナスをためてそれを出金といったことを考えたいのですが、ここはそのままでは現金化ができない仕組みになっていますが、これは出金の条件があってそれをクリアーしないと現金化ができないためです。

覚えておくべきことは、ボーナスとキャッシュの出金条件は個別に管理が行われていること、該当ボーナスを使って遊ぶと出金条件の賭け金に充当される仕組みになっている点です。

 

キャッシュとはそれぞれ分かれて保存が行われる

しかし、これだけでも良くわからない人も多いといえるのですが、これを把握しておかないとせっかくボーナスがあっても有効活用ができないことになってしまいますよね。
着目点はキャッシュとはそれぞれ分かれて保存が行われることを覚えておくことです。

キャッシュ100ドルを入金してボーナスが100ドルあるとき、マイページでそれぞれ100ドルが保存してあることがわかります。

この後、スロットやルーレットなどの定番ゲームで遊んでいたら400ドルの大勝した、この時キャッシュは100ドル+400ドル(勝ち金)=500ドルが保存されていることになります。

 

500ドルのキャッシュを出金すると同時に100ドルは消滅

これに加えてボーナスはまだ使っていないので100ドルのままです。

500ドルはいつでも好きな時に出金はできるのですが、ボーナスの100ドルはこのままでは活かすことができないだけでなく、500ドルのキャッシュを出金すると同時に100ドルは消滅してしまいます。

ここでのポイントは出金すると消えてしまうものをどのようにして活かすのか、少しでも多くの現金化を希望するなら覚えておきたい部分です。

ゲームで遊んでいると入金した現金がすべてがなくなり0になった、これはボーナスを使うことができるチャンス到来ということになります。

 

獲得したボーナスの金額の20倍の賭けを行う

では、どのように使うのかということになるわけですが、出金条件は獲得したボーナスの金額の20倍の賭けを行うというものです。
この出金条件って意外とわかりにくいと感じている人も多いかと思われますが、100ドル持っている場合は2,000ドルの賭けを行えば良いだけです。

元々、ただで貰ったものですから一気に20倍のゲームで勝てば一気にキャッシュが膨らみますし、仮に負けたとしてもベラジョンカジノにはいろいろなボーナスを受け取れる可能性が広がるので再び挑戦すれば良いだけです。
ここは頭を柔らかくして考えるのがミソですよ。

 

ボーナスの有効期限は30日間になっている

ところで、ベラジョンカジノにはどのようなサービスマネーがあるのか気になる人も多いのではないでしょうか。
一般ボーナスは標準的なものですが、一つ注意をしておかなければならないことは有効期限が30日間になっている点です。

有効期限があるので早めに使っておく必要があるわけですが、キャッシュが0にならないと使えませんので、入金するときには金額を考えておくことが大切です。

初回入金時には最高500ドルまでの入金ボーナスがありますし、キャンペーンメールなどを使って入金したときに受け取ることができるものもあります。
さらに、フリースピン、スーパースピン、スピンクレジットなどいろいろと受け取るチャンスがあるのでそれぞれをしっかり抑えておくと良いでしょう。

 

まとめ

フリースピンは無料でスロットを回すことができるもの、無料で回せるので軍資金がないときでも遊べる魅力があります。
指定のゲームでフリースピンを使った場合、特定の回数を無料で遊べるサービスが用意してあるのです。
そして、フリースピンで獲得した勝利金はボーナスとしてカウントされる仕組みになっています。
 

新築一戸建てのメリットとデメリット

憧れのマイホームの購入を検討する際に、新築か中古のどちらにするのか迷う方も多いかと思います。
新築一戸建ては、中古一戸建てにはないメリットが数多くありますが、同時にデメリットも存在します。

多くの方にとって、マイホームの購入は一生に一度の買い物となりますが、その買い物を失敗させないためにも、新築一戸建てのメリット・デメリットについて知っておきましょう。


 

新築に住めるという満足感

新築一戸建ての最大のメリットは、新築に住めるという満足感です。
中古一戸建ての場合、外観の経年劣化や設備の使用感が気になることがありますが、新築であればそのような心配はありません。

誰も住んだことがなく、新品の設備の住宅に住めるという満足感は、中古物件では得られない大きなメリットと言えます。

また、最新の設備を設置できるのも新築の魅力です。
住宅設備の技術は日進月歩で進化していますが、最新の住宅設備は耐久性が高く、故障などのトラブルやメンテナンスの頻度が少ないため、中古よりも維持費用が安くなります。

さらに、太陽光発電システムやオール電化を導入すれば、省エネな生活を送ることも可能です。

 

保証や税制が優遇される

さらに、保証や税制が優遇されるのもメリットとして挙げられます。
新築物件の場合、法律によって売り主に10年間の瑕疵(かし)担保責任が義務付けられています。

瑕疵とは欠陥のことで、柱や梁などの建物を支える部分や、屋根や窓など雨風を防ぐ部分に何らかの欠陥が発生した場合、10年以内であれば修理費用を負担する必要がありません。

また、税制面でも新築物件は中古物件よりも優遇されており、固定資産税や登録免許税、不動産取得税などの軽減措置が設けられています。

 

外観や間取りなどの自由度が高い

その他にも、注文住宅であれば、外観や間取りなどの自由度が高いというメリットがあります。

予算にもよりますが、自分たちのライフスタイルに合った間取りや設備を導入できますし、外観なども好みのデザインにすることが可能です。
自分好みの世界に一つだけのマイホームを手に入れられるのは、新築ならではと言えます。

 

中古よりも価格が高い

一方で、新築一戸建てのデメリットとしては、まず中古よりも価格が高いことが挙げられます。
価格が高くなるのは、単に設備が最新のものを導入しているからではありません。

新築物件の場合、売り主は不動産会社であることが多く、販売のための広告費用や営業マンの人件費、住宅展示場の維持費などがかかります。
これらのコストが販売価格に上乗せされるため、新築物件は中古物件よりも価格が高くなってしまうというわけです。

 

立地条件が悪くなる傾向がある

また、立地条件が悪くなる傾向があるのもデメリットのひとつです。
駅周辺といった利便性の高いエリアは、すでに建物が建っていることがほとんどなので、新築一戸建てを建てられるのは郊外が中心となります。
希望のエリアに住めない可能性があるのは、大きなデメリットと言えるでしょう。

 

完成後をイメージしにくい

さらに、完成後をイメージしにくいというデメリットもあります。
注文住宅の場合は更地から住宅を建てていきますし、建売住宅の場合でも未完成の状態で販売されていることが多いため、図面や展示場などで完成後のイメージをしなくてはいけません。

日当たりや住み心地などは実際に家が建ってからでないと分からないため、入居してから後悔するリスクがあることを念頭に置いておく必要があります。

 

まとめ

新築一戸建ては、マイホームの購入を検討する方にとって非常に魅力がありますが、メリットだけでなくデメリットも存在します。
そのため、マイホームの購入を検討する際は、デメリットにも目を向けておかないと後々の後悔につながる恐れがあります。

多くの方にとって、マイホームの購入は人生で最も大きい買い物となるため、後悔をしないためにも、まずは何を最優先にするのかを明確にした上で十分な調査を行うことが大切です。
 

結婚式の二次会で注意すべき点

親しい知人・友人の結婚式の二次会というのは、仕事で多忙な人でも参加できる貴重なパーティーでもあり楽しい催しです。
ただし、楽しむのは結構ですが何をやっても許されるというものではなく、そこには一定のマナーや注意すべき点があります。


 

男女ともにセミフォーマルが基本

二次会に参加するときの服装ですが、男女ともにセミフォーマルが基本です。
一流ホテルなどが会場になっていて、あらかじめドレスコードが設けられている場合はそれに従いましょう。

男性は職場で着用しているスーツを基準に考えるのが、一番無難です。
昔から仲の良い友達が新郎新婦だからと、極端に崩したコーディネートで出席するのは控えましょう。

ジャケットやネクタイのデザインでお洒落するのは構わないのですが、過度に目立つものは避けるように気をつけたいところです。
特に良くないのはアニマル柄や毛皮をあしらった服装で、目立ちすぎて雰囲気を壊しやすく、毛皮は飲食物に付着する恐れもあるのでふさわしくありません。

 

女性も過度に着飾らない

女性も過度に着飾らないことが基本で、よく言われるように新婦より目立つのはNGです。
可愛らしさや華やかさをねらってお洒落をして行くのは問題ないのですが、程度をわきまえることが重要です。

スパンコールがキラキラ光って目立ち過ぎる、あるいは肌の露出が極端に多いなど奇抜なデザインは避けるのが基本です。
脚を大胆に露出するミニ丈のスカートもNGで、短めの丈のドレスの場合もストッキングは必ず履いて行くのがマナーです。

髪型はハーフアップやオールアップにまとめるのが好ましく、髪飾りも品良く目立たないものが良いです。
アクセサリー類もキラキラし過ぎたりジャラジャラ音が耳障りなものを避け、あくまで品良く大人しいデザインを選びましょう。

 

二次会の会費について

披露宴のご祝儀とは違って、二次会の会費は財布から直接、受付係などに渡して大丈夫です。
披露宴のほうに参加できなかったからと言って、このときに結婚祝いなどを渡そうとする人も居ますがこれは止めましょう。

余計な荷物を増やしてしまうと新郎新婦側に負担となり、迷惑をかけてしまいます。
それに、パーティーが盛り上がったときにバタバタしてせっかくの贈り物も紛失してしまう可能性もあります。

お祝いやプレゼントは後日、あらためて渡すのが双方にとってベストです。
持ち物に関していえば、当日は大きなバッグなどは避けて常に携帯できるコンパクトなサイズの鞄にしましょう。

入退場の際に受け渡しが発生すると混雑を増やすことになるし、預かり所が無い場合などは会場内に保管することになるので、いずれにせよ大きな荷物は良くありません。

 

羽目を外し過ぎるのは良くない

宴がはじまってからのマナーですが、いくら気心の知れた仲間の結婚でも羽目を外し過ぎるのは良くないです。
特にお酒を飲み過ぎて泥酔するなどというのは周囲に多大な迷惑をかけるので、厳に慎むべきです。

よくやってしまう失敗として、特定の仲間内でしかわからない内輪ウケの乗りで騒ぎ過ぎてしまうことがあります。
たとえば、学生時代に新郎新婦とやりとりしていた話題や思い出話ばかりで長々と盛り上がってしまう場合などがそれです。

会を楽しくしようという気持ちは良いのですが、二次会には学生時代からの旧友ばかりではなく職場の同僚や親戚なども同席しています。

全体の調和を考えて、皆が楽しめる雰囲気を大事にしましょう。
また、隠し芸や手品などを披露して盛り上げる場合も、あくまで主役は新郎新婦なので彼らに注目が向くような趣向で行いましょう。

 

まとめ

結婚式の二次会は新郎新婦を和やかにお祝いするのと同時に、さまざまな人との新たな出会いの場でもあります。
会場全体のおめでたい雰囲気を壊さないよう、マナーをわきまえて楽しみたいものです。
 

フィギュアスケートを習わせるにはどれぐらいお金がかかる?

冬季オリンピックにおいてフィギュアスケートが注目を集めるようになり、子供自身が習いたい、親が子供に習わせたいと考える家庭が増えてきました。
とはいえ一般的にフィギュアスケートを習うためにはかなりの費用がかかるともいわれていて、経済的に続けられるのかどうか気になる人も多いものです。
本格的に習い事を始める前に、フィギュアスケートを習わせるにはどれぐらいお金がかかるをチェックする必要があります。


 

スケート教室

まず最初にフィギュアスケートを始めるための最初の第一段階となるものが、スケート教室と言えるでしょう。
スケート教室の場合には、実際にそこまで高額な費用が発生するわけではありません。

スケート教室の月謝の相場としては、5000円から1万5000円ほどのところが多く、平均的には6000円から8000円ほどの教室が多く見られます。
その中でも地域主催のキッズスケート教室などの場合には、月謝が3000円ほどで受講できるものもあることです。

初心者向けのスケート教室となると、グループでレッスンを受けるのが基本となるため、それほど高額なレッスン料がかかることはありません。
またこのレッスン料にはスケート靴の代金も含まれているところが多く、どちらかというとそれほどお金のかからない習い事の一つと言えるでしょう。

 

スケート教室ではジャンプやスピンは学べない

しかしスケート教室の場合には、基本的な滑り方を学ぶことがほとんどとなり、ジャンプやスピンなどを学ぶことはあまりありません。
そのためジャンプやスピンなどを習いたいと考えている人には、やや物足りなさを感じる人も多く見られます。

スケート教室を続けているだけであれば、普通の習い事を続けることと何ら変わりはありません。
しかしせっかくスケートを子供に習わせるのであれば、その才能や素質を見極めて、いずれは選手にさせてあげたいと思う人も多いことでしょう。

しかし本格的にフィギュアスケートの選手を目指すとなると、ここからは莫大な費用がかかることになります。

 

スケートクラブに所属する

選手を目指してスケートの技術を上達させるためには、初心者向けのスケート教室はやめて、そこからスケートクラブに所属する必要があります。
スケートクラブの場合には、クラブによっても異なるものの、レッスン内容は専門的なものとなり、月謝も倍以上に跳ね上がることになるでしょう。

具体的な費用の目安は、クラブに所属するための入会金が約5万円、スケート靴の購入費が2万円から3万円、月々の月謝は1万5000円から3万円、そのほかにも夏や冬には合宿があるクラブも多く見られます。

本格的な練習になるので、そのほかにも練習着が必要になることもあるでしょう。

スケートクラブに所属するためには、コーチやインストラクターに推薦してもらう必要がありますが、その場合には通っているスケート教室のコーチにあたる人が多く見られます。

 

本格的なジャンプやスピンに耐えられるようなスケート靴は一足10万円以上

またフィギュアスケートを行う上で必ず必要となるものがスケート靴ですが、スケート靴は安いものでも2万円以上する高価なものです。

しかし消耗品にあたり、1年で2足は購入が必須となります。
足のサイズに合わせなければならないので、子供が成長するとともに買い替えも必要となるでしょう。

本格的なジャンプやスピンに耐えられるようなスケート靴は一足10万円以上になるので、上達すればするほどお金がかかることになります。
さらに上達が見込めるようになると、競技会やジュニア大会などに出ることになるかもしれません。

クラブに所属すると級をとるためのバッジテストを受験する必要があり、この受験料には約2万円ほどがかかります。

 

まとめ

競技会や大会を目指すためにもお金がかかり、レッスンや道具代で月15万から20万円がかかるのが平均的です。
最低でも年間100万円はかかることを覚えておきましょう。
 

ウッドデッキのメンテナンス方法

ウッドデッキには天然木を使ったものと、人工の素材を使ったものとがあり、メンテナンスの方法は少し違ってきます。


 

天然木と人工の素材のメンテナンスの違い

比較的手入れが簡単な人工木のものは、天然木のように腐ることがないため、日常的には水洗いが基本になります。
デッキブラシを使用し、表面の汚れを落とすようにします。
気になる汚れがある場合には、台所で使用している中性洗剤を用いて綺麗にします。

カビがある場合には、カビ取りの洗剤を用いますが、ウッドデッキの材質に合うものを選ぶことが必要です。
天然木の場合には、まずホウキで表面の砂等を落とします。

デッキに砂がついたままにしておくと、木材が乾燥しやすくなったり、木材を腐らせる菌がつきやすくなりますので、デッキのために良くない環境になります。
したがってまめにホウキで表面の砂を落とすことを心がけます。

ホウキで表面の砂を落としたら、デッキを湿らせ、木目にそってデッキブラシでこする作業をします。
この時、強い力でこすりすぎないようにすることがポイントとなります。
デッキに傷をつけることになりますので、大切に洗うような気持ちで手入れをします。

 

日常的に行うメンテナンスをまめにしておく

最後に水で流し、日の光をよく当てて乾かすと、さっぱりと綺麗になります。
日常的に行うメンテナンスをまめにしておくと、ウッドデッキのもちが違ってきます。

飲み物や食べ物を落としたまま放置しておくと、汚れがとれにくくなりますので、その都度掃除をする習慣をつけることが大切です。

さらに天然木の場合には、1、2年に一度は塗装をし直すことが必要になります。
前述のように日頃の手入れをした後に、やすりをかけて表面の凹凸や塗装を取り除く作業から始めます。

やすりは木目にそってかけるようにすることがポイントです。
やすりをかけた際に出るホコリやゴミは綺麗にホウキで掃いてから、ウッドデッキの塗料を刷毛で塗っていきます。

塗料は色々なものがありますので、自分の家のデッキに合ったものを選ぶことが必要です。

 

天然木が呼吸できるような塗料を選ぶ

天然木に向いたもので、最初に使われていたようなものを選ぶと安心できます。
天然木が呼吸できるような塗料を選ぶと、デッキのために良い環境になります。
塗装は1回よりも、2回行うと良いとされていますので、少し間を空けて2回行うようにします。

その間にはデッキの上を歩いたり入ったりしないように気をつけます。
デッキは時々は裏側もチェックするようにします。
普段目に見えないため、放置しておくことが多い部分ですが、ほこりや落ち葉等が溜まっていることがありますので、定期的に綺麗にすることが必要です。

裏側から腐ってくることもありますので、気をつけます。
さらにはデッキの上にプランターや植木鉢を置いていることが多くありますが、底の部分に汚れが溜まります。

この辺りの湿気や汚れからウッドデッキを腐らせることになりますので、植木鉢を持ち上げて掃除をする習慣をつけることも必要です。

 

排水口なども定期的にチェック

排水口なども定期的にチェックをするようにします。
デッキから落ちてきた汚れやゴミが排水口に溜まって、流れにくくなることがありますので、気をつけます。

放置しておくと、排水口が詰まったりして、業者を呼ばなくてはならなくなりますので、日頃のメンテナンスが必要です。

ウッドデッキは一軒家の庭にスペースがある場合には、魅力があります。
新築の頃には憧れて作る人達が多くいますが、天然木の場合には塗装を何度もする必要があります。

また日頃から掃除をする習慣をつけ、木材が腐るようなことがないように、気をつけることが大切です。

 

まとめ

こういったメンテナンスがあることを覚えておくと、設置した後にも大切に使用できるようになります。
塗料などは色々なものがありますので、専門店で相談をしてから購入するとうまくいきます。